赤ちゃんの離乳食とママの栄養・お悩み相談室

赤ちゃんの離乳食や育児中のママ、妊婦さんの悩みごとの相談に乗っています。 栄養に関する情報や、おすすめアイテムのご紹介も。

【1歳】牛乳飲み過ぎか心配。毎日飲ませていい?

ちょうど、1歳になられたお子さん。

 

 

ふだんはまだ母乳を飲ませてるけど、そろそろ牛乳飲ませてもいいかな?

ということで、ちょっと飲ませてみたら、牛乳が大好きになっちゃった。

 

 

このまま毎日、牛乳飲ませてもいい?

どれくらいの量までOK?

飲み過ぎでないか心配…。

 

 

というご相談がありました。

 

1歳児の牛乳

 

1歳を過ぎれば、牛乳を飲ませても良いと言われています。

 

 

牛乳を飲んで、アレルギー症状が出たり、お腹がゆるくなって下痢をしたりしなければ、1日に200~400mlが目安とも言われています。

 

 

もちろん、最初のうちは、30~50mlくらいの少なめの量から少しずつ量を増やしていきましょうね。

 

 

と言うことで、1歳のお子さんでしたら、牛乳を飲ませてあげてもいいのですが、ただし、以前こちらの記事『フォローアップミルクと母乳、育児用ミルク、牛乳との違いとは?』にも書いたんですが、牛乳は、少し注意が必要。

 

 

牛乳には、母乳に比べ約3倍のタンパク質とミネラルが含まれています。

 

 

そのタンパク質も、カゼインが多く、これは消化しづらいタンパク質です。

 

 

また、牛乳に含まれるミネラルもカルシウムリンが多く、それによって腸からの鉄の吸収を阻害すると言われています。

 

 

つまり、乳児の未熟な胃腸や腎臓に負担がかかり、また、飲み過ぎることでより、いわゆる牛乳貧血になる可能性も。

 

 

生後6か月を過ぎると、生まれる時にママからもらってきた貯蔵鉄が不足してきますが、牛乳にはほとんど鉄が含まれていません。

 

 

1歳になったばかりの体の機能がまだ未熟なうちは、やはり、牛乳を飲むより、出来るだけ、母乳や育児用ミルク、またはフォローアップミルクの方がおすすめということです。

 

 

なので、牛乳が大好きだからと言って、欲しがるまま、例えば1日400mlを超えるような、たくさんの量はあげないでください。

 

 

これは3歳以降の幼児期でも同じこと。

適量を守るようにしてくださいね。

 

 

ちなみに、牛乳を料理に使うという場合は、7~8か月頃から使えますよ。

 

 

少量から様子を見ながら使ってくださいね。

 

 

1歳頃の離乳食、そろそろ完了期に差し掛かってくる頃。

何か食事のことで気になることがあれば、いつでもご相談ください。

 

 

★じっくりお話ししたい方はこちら

 

★いきなり有料の相談は不安という方はこちら 

 

Copyright ©赤ちゃんの離乳食とママの栄養・お悩み相談室 All rights reserved..
🔒プライバシーポリシー お問い合わせフォーム