赤ちゃんの離乳食とママの栄養・お悩み相談室

赤ちゃんの離乳食や育児中のママ、妊婦さんの悩みごとの相談に乗っています。 栄養に関する情報や、おすすめアイテムのご紹介も。

離乳食完了!でもまだまだ気をつけたい食べ物とは?

赤ちゃんの離乳食、進んでますか?

 

 

離乳食は、最初、ドロドロのものをゴックンするところから始めましたね。

 

 

そして、モグモグ期からカミカミ期を経て、形あるものを噛みつぶすことが出来るようになると、ようやく離乳の完了期が見えてきます。

 

 

もろちん、個人差はあるけど、だいたい、離乳の完了は生後12か月から18か月頃と言われています。

 

 

それまで頑張っていた、赤ちゃんの食事をわざわざ別に作ったり…という手間も減り、大人のおかずからの取り分けもしやすくなりますね。

 

 

だけど、大人のおかずからポン!と取り分けてハイ、どうぞ!というのはまだ早い。

 

 

離乳食から幼児食に移行する1歳から2歳頃、そして3歳頃になっても、まだまだ摂食機能は、大人と同じではなく、未熟です。

 

 

なので、大人のおかずからの取り分けをする際にも以下のようなこと、配慮してあげてくださいね。

 

★1~2歳頃の乳幼児が食べにくいものと対処法

口の中でまとまりにくいもの

 ひき肉、ブロッコリー ⇒ とろみをつける

皮が口の中に残るもの

 豆、トマト ⇒ 皮をむく

ペラペラしたもの

 わかめ、レタス ⇒ 加熱して刻む

唾液を吸うもの

 パン、茹で卵 さつまいも ⇒ 水分を加える

噛みつぶせず、口の中に残るもの

 うす切り肉 ⇒ たたいたり、切ったりする

 
 
★1~2歳頃の乳幼児には与えてはいけないもの

弾力性の強いもの

 かまぼこ、こんにゃく、いか、たこ

誤嚥しやすいもの

 餅、こんにゃくゼリー

 

以上、『授乳・離乳の支援ガイド2019年改定版』参照

 

 

そして、味付けにも注意!
もちろん味付けも、まだ大人と一緒ではありません。

 

 

薄味が基本です。

しっかり味が付いた煮物などは、少し崩して、お湯で薄めるなど、大人用の濃い味のままでは与えないようにしましょう。

 

 

一度濃い味を覚えてしまうと、なかなか薄味のものを食べてくれなくなります。

 

 

濃い味の食事が続けば、腎臓にも負担をかけることになりますので、注意してください。

 

 

煮物を作る際、しっかり味をつける前の段階で取り分けするとラクですね。

 

 

そして、言うまでもなく、ワサビやカラシ、唐辛子などの香辛料は食べさせないようにしましょうね。

 

 

だんだんと少しずつ大人と同じものが食べられる…。

 

 

それって、喜ばしいことではあるけれど、赤ちゃん時代が終わってしまうようで、ちょっと寂しい気持ちも…しませんか?

 

 

少しずつ食べられるものが増えていくという過程を、あせらずゆっくり見守ってあげてくださいね。

 

 

これは食べさせても大丈夫?

離乳食完了期の食べるもので迷うことがあれば、ぜひご相談ください。

 

 

★じっくりお話ししたい方はこちら

 

★いきなり有料の相談は不安という方はこちら 

 

Copyright ©赤ちゃんの離乳食とママの栄養・お悩み相談室 All rights reserved..
🔒プライバシーポリシー お問い合わせフォーム